SDGsへの取組み

持続可能な開発目標(SDGs)とは

SDGs(持続可能な開発目標)とは、2001年に策定されたMDGs(ミレニアム開発目標)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。日本でも様々な企業・団体等が積極的に取り組んでいます。

株式会社JPNによるSDGsの取組み

SDGs活動NEWS

2022/12/09

【JPN6施設】「切手あつめる君の設置」

社内全施設において、使用済み切手の回収を行っております。デジタル媒体が増えた近年、切手自体が少なくなりましたが楽しみながら集めたいと思っています。各施設の窓口にかわいらしい回収箱を設置しました。その名も「切手あつめる君」です。兵庫児童館の子どもたちがペットボトル容器で作りました。ぜひこの愛嬌たっぷりなあつめる君を見つけてくださいね。みなさまのご協力をお願いいたします。

2022/11/30

【千種スポーツセンター】「エコトレーディングのご協力ありがとうございました!」

約1ヶ月間、千種スポーツセンターでは皆様から「夏服」をご提供いただいておりました。最終日も多くの方が寄付をしてくださり、SDGs活動に共感していただけたことを心より感謝しております。お持ち込みの際、綺麗に畳んで持ってきてくださりとても大切に使用されていた衣服だと思います。「お役に立てれば嬉しい」という優しいお気持ちが溢れているSDGs活動となりました。皆様を代表してお届けしました!
【寄付した数■約600枚】
 

2022/11/17

【千種スポーツセンター】「エコトレーディング~夏服を捨てずにリユース~」

千種スポーツセンターでは11月27日(日)までエコトレーディングを実施中です。
ご自宅に眠っている服や使わなくなったモノを新しい持ち主へ寄付する活動で、今回は「夏服」を皆様から募っています。愛用していて捨てにくいなと思っていたモノも世界には必要としている人がたくさんいます。皆さまからのあたたかい贈り物で子供たちを支援できるように活動を続けていきます。

2022/11/08

【緑スポーツセンター】「瞬発力測定会」

緑スポーツセンターでは地域のコミュニティセンターで全身反応測定を実施しました。この測定で分かるのが身体の敏捷性です。敏捷性とは、日常生活で転倒しそうな時など、とっさに危険を回避する為に素早く動作を転換する重要な能力です。敏捷性を維持・向上させることで日常生活での傷害を予防したり、運動など活動的な行動をすることができます。私たちはこれからも地域の皆さまの健康づくりをお手伝いしていきます。

2022/10/21

【JPN6施設】「社内研修会」

今回は、SDGs(SustainableDevelopmentGoals)について研修を行いました。今年度から社内にてスタートしたSDGs活動。SDGsは世界の一部の人の力では解決できるものではないと考えます。多くの人に知ってもらい、より多くの人と協力することが必要です。私たちが情報発信をするために、SDGsを学ぶということは、とても大切なことと考えます。少しずつですが、知識を増やし、私たち自身もできることを探し続けます。

2022/10/17

【東スポーツセンター】「職場体験」

東スポーツセンターでは学生をお迎えして、労働の実態を知ることや働いている人と接する職場体験学習にも協力しています。職場体験では、受付や監視等の仕事を通じて、あいさつの大切さやルールを守ることの重要性を伝えています。また生徒さんの自主性が育つよう主体となって行動する職場体験ができます。今後も生徒さんの将来、知見を広げるきっかけ作りとなることを目的とし活動を続けていきます。

2022/10/08

【緑スポーツセンター】「託児」

子育て中のママとパパ、健康維持やリフレッシュとしてもトレーニング施設、プールを活用できるようお子様のお預かりをしております。事前の申込みや予約が必要なので早めに行うと安心です。「近くに頼りあえる知り合いがいない」という人でも大丈夫!地域や子育てに役立つ情報を提供し「楽しみながら子育てを」私たちは子育て中のママとパパも応援しています。

2022/09/27

【JPN6施設】「社内研修会」

私たちは社内研修会を定期的に実施しております。今回のテーマは、BCP(事業持続計画)策定について研修を行いました。新型コロナウイルスの流行や頻繁な地震の発生等、不測の事態に危機感が募る世の中ですが、“明日は我が身”と考え、企業として緊急事態においても事業を継続するためのBCPを策定することで、地域経済・社会貢献を実現することができます。

2022/09/20

【鳴海プール】「マイボトル~プラスチックごみを削減しよう~」

ぺットボトルの使用量を減らす取り組みとして、鳴海プールでは職員や利用者様はマイボトルを用いてお仕事をする人、遊泳をする人が増えています。お仕事だけでなくちょっとした買い物やお散歩にもマイボトルにお茶や水を入れて持ち歩けばいつでも水分補給ができ安心です。身近なところからコツコツとSDGs活動していきます。

2022/09/08

【JPN6施設】「BCP・『新しい備蓄のカタチ』災害用備蓄スタンド”BISTA”導入」

私たちは公共の施設を管理させていただいている為、自分たちだけではなく「誰かのため」になる新しい備蓄のカタチを取り入れました。
地震などの災害は予測できませんが、備えることはできます。BISTAの中身は非常用電源、災害用充電器、感染症対策品をはじめ、本当に必要な防災用品が備わっています。JPNが運用している施設は、指定避難所にもなりますのでこのような災害への備えを含め対策を強化していきます。

2022/08/31

【JPN6施設】「BCP・停電対策に備える~停電時にも安心な備えを~」

災害への備えとしてJPN6施設は蓄電池を導入いたしました。非常時において、万が一の停電時や長時間にわたる大規模停電時にも連絡・情報収集手段をしっかり確保できます。
私たちは様々な場面を想定し施設の管理運営を行っております。


 

2022/08/25

【志段味スポーツランド】「緑の多い街づくりへ」

私たちJPNは【なごやグリーンパートナーズ】へ加盟しています。その中に「なごやグリーンウェイブ」という取り組みがあります。『植樹や樹木との触れ合いを通して、生物多様性について考える』目的として、5月22日の国際生物多様性の日にキンカンを植樹しました!この植樹をきっかけにさらに環境について考えることも増えました。どのように成長して実がなっていくのか今からとても楽しみです!愛情込めて育てていきます!

2022/08/19

【JPN6施設】「”もったいない”を”ありがとう!”に変えよう」

JPN6施設、合同で行っている活動です!月に一度、家庭で使い切れない食品を持ち寄り集めて、寄付をしています。缶詰やレトルト食品、水などが集まりました!一人でも多くのお困りの方に届くと嬉しいです。

2022/08/15

【守山プール】「着衣泳~浮いて待つ!~」

屋外の守山プールにて『着衣水泳』を実施いたしました!
”もしも”に備えて、服を着た状態で水に入ったらどうなる?靴やペットボトルを使って浮ける?災害時、冷静でいられるかはわかりません。服を脱いだり、泳ごうとせず、慌てずに”浮いて待つ”ことを覚えておきましょう!

2022/08/03

【鳴海プール】チャレンジSDGs「ペットボトルキャップ回収」

鳴海プールではチャレンジSDGsとして1か月間ペットボトルキャップを集めました!お客様にもご協力いただき45ℓの袋で2袋(14㎏:ワクチン7人分)を集めることができました。

アウトリーチ事業

スポーツ・カルチャーで心身の健康づくり
【取組事例紹介】
・健康に関する教室の実施
・スポーツを通じた心身の健康の提供
・文化的な教室の実施
・子どもの体力、運動能力の向上
・幅広い年齢層、内容を対象にした教室実施

企業事業

安心・安全・便利な生活づくり
【取組事例紹介】
・体組成測定、体力測定会実施
・トレーニング動画配信
・着衣泳指導の実施
・託児事業の実施
・電子マネーの導入
・アプリ、SNS導入

地域社会貢献

管理業務を通じての地域社会貢献
【取組事例紹介】
・グリーンパートナーズ認定事業所
・地域の美化活動
・指定緊急避難場所及び
指定避難所の対応
・Wi-Fiの設備
・安全管理のための消防訓練
・交通安全啓発活動
・環境ラベル商品の購入
・トイレ人感センサー導入
自分らしく働ける職場
【取組事例紹介】
・定期的な研修会の実施
・若手社員のキャリアアップ支援
・女性活躍の推進
・法定健康診断の実施
・プライバシーマークの取得
・高齢者の雇用維持
・web会議の導入
MOVIE