新型コロナウイルス感染防止に取り組む「安全・安心宣言施設」について

平素は緑スポーツセンターをご利用いただき、誠にありがとうございます。

新型コロナウイルス感染防止に取り組む「安全・安心宣言施設」

について、皆様へ報告いたします。

緑スポーツセンターは新型コロナウイルス感染防止対策として

愛知県の定める安全・安心施設として公認を受けておりますことを

報告いたします。

既にお気づきの方もいらっしゃると思いますが、

登録要項は玄関前に掲示させていただいております。

現在は施設改修のため休館。ご不便をおかけしておりますが

11月から利用再開となります。

今しばらく、お待ちいただきますようお願いいたします。

LINE@始めました(^O^)/

平素は緑スポーツセンターをご利用いただき、誠にありがとうございます。

本日の秋晴れの好天となってます😊

 

緑スポーツセンターでは

LINE@を開始しました。

イベント情報・ブログなど、

いち早く皆様に情報をお届けいたします。

現在ブログで更新中の

「自宅で出来る自重トレーニング」

スマートフォンを見ながらのトレーニングが可能となります。

発信情報のお見逃しがないように!

 

 

 

 

 

 

 

友だち追加

👆上記のボタンクリックで友達登録が出来ます😊

ご不明な点があれば、緑スポーツセンターまでお問合せください。

10月末まで休館となっております。

ご不便をおかけしますが、宜しくお願いいたします。

 

 

自宅で出来る自重トレーニング④(肩)

平素は緑スポーツセンターをご利用いただき、誠にありがとうございます。

本日も気持ちのいい秋晴れです。

今週はこの晴天が続く予報(^^♪

さあ、「自宅で出来る自重トレーニング」第4回目開講です。

本日は「肩」です。

充分に肩を回してウォーミングアップしてください。

【種目名:サイドレイズ】

【トレーニング部位:肩】

【効果:肩こり防止(血流促進)姿勢改善】

※空のペットボトル(500㎖)2本準備

※第1回目でお伝えしたドローインした状態で開始です!

 

 

 

 

 

①ペットボトルを軽く持ち、肘を少し曲げほぼ真横に持ち上げます。

注意点:肩より上げすぎないこと。(肩を痛めやすくなります)

 

 

 

 

 

 

 

肩の筋肉(三角筋)を意識します。

手首を少し下に向けて行うとより効果があります。

上げたら1秒静止。その後ゆっくりと下ろします。

ペットボトルに水を入れ、自分に合った重量に調節しましょう。

10回×3セット目標。無理なく行ってください。

 

朝は冷え込んで一日の寒暖差が更に大きくなってます。

体調管理に留意して今週も自重トレーニングを行いましょう!

 

 

自宅で出来る自重トレーニング③(背中)

平素は緑スポーツセンターをご利用いただき、誠にありがとうございます。

台風一過の好天となりました。

台風など、自然災害は避けられませんが

予測や緊急時対応はいつでも出きるように

準備をしておきたいですね(^^♪

 

それでは「自宅で出来る自重トレーニング」開講いたします(^^)/

今回は背中。姿勢改善を行って行きましょう。

【種目名:バックエクステンション】

【トレーニング部位:背中】

【効果:猫背等の姿勢改善】

写真を参考にうつ伏せに寝転びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①両手を指先を耳に添え、肘は横に伸ばした状態を作ります。

②両足と胸をゆっくり上げていきます(上げすぎ注意)

③背筋が刺激されてるのを感じたら1秒停止!(呼吸は止めないで)

④その後、ゆっくり元に戻していきます。

注意点

・痛みが出るまで背中を反らせない。

・頭を後ろに曲げない。

・無理をしない。

肩甲骨を中心に寄せるイメージで行えば効果倍増です。

 

一日の寒暖差が大きい季節を迎えてます。

風邪に注意してお過ごしください。

 

 

 

 

自宅で出来る自重トレーニング②(腹筋)

平素は緑スポーツセンターをご利用いただき、誠にありがとうございます。

今週末は台風接近が予測され今日は雨降り。

肌寒さを感じますが皆様お元気でしょうか?

寒さに負けず自宅で出来る自重トレーニング、

今回も腹筋トレーニングします(^^)/

【種目名:クランチ】

【トレーニング部位:腹筋】

【効果:体幹安定・腰痛防止・基礎代謝量アップ】

 写真を参考に始めます(^^♪

 

 

 

 

 

①仰向けに寝転び、第1回目でお伝えしたドローイン状態をキープ。

②肩を床から浮かせるイメージでおへそを中心に身体を丸め起こします。

③目線はおへそを覗き込むように行うと身体を丸めやすくなります。

・肩に力が入らないように。

・首を傷めないように首を曲げます。

【足上げクランチ】

更に腹筋を刺激します。

 

 

 

 

 

①タオル等で頭部を包みます(タオルは頭部重量サポートのため)

②脚を床から浮かせます。

反動を使わず、1回1回呼吸を意識し息を吐き切りながら身体を丸めます。

大きく息を吸い込みながら、身体を丸めた2倍の時間をかけゆっくり元に戻します。

息を吐き切る・大きく吸い込む・動作を正確に。

腹筋を刺激するコツです。

 

一日の寒暖差が大きくなってきました。

体調管理に留意してお過ごしください。